七五三の前撮りは着物を着た時の動きのシミュレーションができる

余裕をもって撮影可能!七五三の「前撮り」が人気

子どもの健やかな成長を祝う昔からの儀式である七五三。きれいな着物を着飾って家族みんなでお参りに行くのは、子どもにとってもわくわくする体験といえるでしょう。
ただ、着物を着るというのは子どもには慣れない経験であり、着付けに時間がかかったり動きにくかったりしてストレスを感じてしまうこともあります。そんな中でお参りに行き、さらに写真も撮るとなると疲れ切ってしまうかもしれません。
そこで人気となっているのが七五三の「前撮り」です。これは七五三当日の前にあらかじめ着物を着て写真を撮るというもので、多くの写真スタジオが対応しています。前撮りであれば時間的にも余裕があるため、子どももリラックスして撮影することができおすすめです。

あらかじめ着物の動きに慣れておけるから当日もスムーズ

七五三の前撮りにはもう一つ大きなメリットがあります。それは、本番の前に一度着物を着てみることで、着物を着たときの動きに慣れることができる、ということです。
普段動きやすい服と靴で過ごしている子どもにとって、帯をきちんと締めあげ草履を履く和装は窮屈に感じるものです。前撮りの際に一度着物を着て歩いてみる、ということを経験しておけば、七五三当日もスムーズに動くことができるでしょう。いわば当日のためのシミュレーションができるというわけです。
前撮りは日程にも余裕があるので、万が一子どもが体調を崩した場合など変更ができるのも便利な点です。本番一発勝負ではなく着物のリハーサルも兼ねて前撮りすることは、子どもにストレスを与えないためにもおすすめの方法といえます。