七五三の実際のお参りの時期よりも幼いショットになってしまう

七五三の前撮りがおすすめ出来ない理由とは

子供の成長を願う七五三は、親子にとって特別な日です。「ここまで無事に育ってくれた」という感謝の気持ちと、「これからも健やかでいて欲しい」と願う、古くから日本で行われてきた年中行事でもあります。最近は着物のレンタル代と写真代がセットになったものなど、写真スタジオで記念撮影を希望する人が多くいます。また七五三の前撮りを、五月から開始している場所もあります。しかし値段が安くなるから、とか衣装をゆっくり選べるから、などを理由にして目先のことだけを考えて、前撮りを検討していませんか。七五三を迎える辺りの子供の成長は、一番目まぐるしい時期です。例えば五月に前撮りをして、七五三の時期に子供の姿を見ると「これは七五三の時の写真とは言えない」などと後悔する人も多いのです。

子供の成長はあっという間

子供の成長は早いものです。例えば生まれてから歩き始めるまで一年ちょっと、そう考えるとたった一年で生まれたての赤ちゃんだった子が、一人で立ち、歩くまでに成長するのです。そう考えると、一年という期間でどれだけ成長したかがよくわかります。前撮りをした人からよく聞くのが「普段慣れない着物を着て、ちゃんと立っている時間は短かった」や「撮影前からグズって大変だった」など、時期的にまだ子供には早すぎた、ということです。親も子も日進月歩で少しずつ成長していきます。焦らず、子供の一瞬一瞬の成長していく姿を大切に、そして将来子供が写真を見た時に感じるであろう、七五三という祝われる自分の姿をありのままに残す大切さを、考えてみて下さい。