七五三は前撮りをすれば夏の日焼け前に撮影ができる

七五三の当日は写真館が混む

七五三は一般的に11月15日に行われます。しかし、近年の社会情勢の変化や各家庭の事情により、必ずこの日に行われる、ということは無くなりました。
記念となる七五三のお祝い、写真にして思い出を残しておきたいという方は大勢います。11月15日に七五三の行事は必ず行われることは無くなったとは言っても、この周辺の時期は七五三の写真を撮影するために、写真館は予約でいっぱいです。七五三の衣装を着るのは手間がかかるので、着付けは専門のところに頼む方も多くいます。着付けと七五三の行事、写真撮影を一緒に済ませることができれば楽ですが、どこの家庭も同じようなことを考えているので、この時期は写真館がとても混んでしまうのです。

時期をずらして撮影に余裕を持たせる

七五三の当日は写真館がとても混むので、前撮りをする方は多くいます。しかし、時期を間違えるとせっかくの撮影が台無しになってしまいます。それが、日焼けをする夏前後の時期です。前撮りをする家庭は非常に多く、夏の前後に予約がずれ込んでしまう場合も多くあります。もし夏休みの間、十分な日焼け止め対策をしないと、子どもはすぐに日焼けをしてしまいます。もし日焼けをしてしまった状態で撮影になってしまうと、せっかくの七五三の衣装もキレイに映りません。もし前撮りをする場合、日焼けをしやすい夏場の時期を避け、写真館が空いていて日焼けの心配がない春から夏の間に撮影をしておきましょう。そうすれば日焼けも混雑も避けることができます。