前撮りをすることのメリット

特に3歳の七五三では、活発に動き回るようになった今の時期ならではのメリットがあります。また、写真館側も七五三のシーズンに撮影が集中しすぎないように、前撮りならではのお得なキャンペーンをしているところも多いです。

七五三は前撮りをすれば夏の日焼け前に撮影ができる

七五三は一般的に11月15日に行われます。しかし、近年の社会情勢の変化や各家庭の事情により、必ずこの日に行われる、ということは無くなりました。記念となる七五三のお祝い、写真にして思い出を残しておき…

前撮りをすれば七五三のお参り当日の時間をゆったり使える

七五三はお子様を災厄から守り、健やかな成長を願うための大切な行事なので、親御さんは素敵なデザインの着物を着用させて、七五三写真を撮影したい人がほとんどです。お子様の体は大変デリケートなので、突然体…

七五三の前撮りは着物を着た時の動きのシミュレーションができる

子どもの健やかな成長を祝う昔からの儀式である七五三。きれいな着物を着飾って家族みんなでお参りに行くのは、子どもにとってもわくわくする体験といえるでしょう。ただ、着物を着るというのは子どもには慣れな…

人気の前撮りを京都でとは?

前撮りを京都でとは、結婚式前に結婚写真を京都で撮影することです。京都には、歴史がある建物や美しい自然があり、人気のロケーションになっています。

前撮りをすることのデメリット

今度は前撮りをすることのデメリットを説明します。メリットばかりのように見えますが、実はデメリットもあります。家族だけで撮影するのか、祖父母も一緒に撮影するのかでも変わってくるかと思うので、その辺りも一緒に検討した方がよいでしょう。

七五三の実際のお参りの時期よりも幼いショットになってしまう

子供の成長を願う七五三は、親子にとって特別な日です。「ここまで無事に育ってくれた」という感謝の気持ちと、「これからも健やかでいて欲しい」と願う、古くから日本で行われてきた年中行事でもあります。最近…

前撮りと七五三の参拝の2回、着付けなどを行うので大変

子どもの成長を祝う大切な一大イベント「七五三」。シーズンである11月頃は、神社やフォトスタジオが非常に混雑するので、前もって写真撮影をして、当日はゆとりを持ちたいという方も増えています。では、七五…

前撮りで着物を嫌がられると七五三の参拝当日に苦戦するかも

着物は小さな子供にとっては負担になることも

着物は普段着と違って重さもあり、小さな子供の体には負担になってきます。また、帯でギュッと締めつけられ、袖や丈も長くて足元も見えづらい為、動きにくいものです。特に3歳くらいで動きたい盛りの子供たちにとっては、窮屈に感じることもあります。 前撮り自体、泣き叫ばれてどうにもならず撮影すらできなかったという方は、別のスタイルでのお参りなどを検討する必要がでてくるでしょう。また、前撮りはぐずられながらもスタッフの方たちの手助けもあり、なんとか撮り終えたという方でも、当日の着物は渋られることもあると頭に入れておく方がよいでしょう。子供の方も前回の記憶、特に嫌だった出来事の記憶はしっかりと残っているものです。

もし前撮りで着物を嫌がられた時の対策は

もし前撮りで着物を嫌がられたら、アフターフォローで挽回を狙いましょう。写真が出来上がったら一度、子供と一緒に見てみます。そして「○○ちゃんとても素敵だったよ!」「○○くんお兄さんになって格好良かったな」と褒めてみましょう。さらに「また見たいな」と付け加えるのを忘れずに。実際の撮影時が嫌でも、きれいに仕上がった写真ができあがってくると、気持ちもまた違ってきます。それに褒められて嫌な気持ちになる人はいないですよね。 そして七五三の参拝の前日くらいに「またあの素敵な着物姿が見れるなんて嬉しいな」等と声をかけ、子供のモチベーションを上げておきます。 ただし、それでも当日着物を嫌がることもあると思うので、その場合は諦めも大切です。せっかくの参拝がぐずられっぱなしでは台無しになってしまいます。一番の目標は笑顔でお参りすることと割り切って、ちょっとよそ行きの洋服を鞄に忍ばしておくのも一つの方法です。